<< 瀬戸内国際芸術祭1 | main | 瀬戸内国際芸術祭3 >>
瀬戸内国際芸術祭2
またまた路地を歩いていると、壁アートが。
その上には人形が何かを教えている姿。その向こうに見えるのは瀬戸大橋です。




古民家の中に何やら芸術があるというので、その中に入ってみると和室の中に花が。よく見てみるとそれは陶器でできていました。




どこにあったか忘れてしまいましたが、布団に使われている生地のようなもので圧倒的な存在感を誇る塔がありました。


香川では乳母車のようなもので主におばあちゃんが荷物を運ぶときによく使う「おんば」と呼んでいるものがあります。もしかすると方言なのかもしれませんが、このおんばを家の壁につけた建物がありました。
中には色々な洒落たおんばが。下の写真は高松⇔男木島を結ぶ船をモデルにしたものです。




つづく
| 余談 | | 16:31 | comments(0) |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
記事を選ぶ
カテゴリーを選ぶ
アーカイブ
LINKS
PROFILE