<< ヨーロッパ研修のご報告(フランス編1) | main | ヨーロッパ研修のご報告(フランス編3) >>
ヨーロッパ研修のご報告(フランス編2)
久々の更新となってしまいました。
何かとバタバタしておりまして・・・。

さて、ヨーロッパ研修の報告の続きですが、モンペリエで一晩過ごした後、朝からバスで移動。
約2時間かけてかつて手袋の首都とうたわれた「MILLAU(ミヨー)」という町に行きました。

その道中で見かけた大きな橋ですが、これが世界で一番高い橋ミヨー大橋です。
通行料が高いわけではないですよ。
地上から最高部までの高さが343Mというのが世界一だそうです。



そして向かうはエルメスやシャネルの手袋の製造を請け負う「CAUSSE(コース)」という会社。
ファクトリーブランドとしてもヨーロッパでは有名みたいです。
まずは外観をご覧ください。



とても洒落た建物ですね。
それもそのはず。
入口を入るとすぐにファクトリーショップになっているんですね。
そこには洗練されたデザインの手袋がズラリ並んでいました。



そして奥へと進むと、中はちょっとした博物館のようでした。
ここに並んでいるミシンはかなり年代物のミシンですが、この中に実は弊社でまだ現役で活躍している「SINGER(シンガー)」というメーカーのミシンが飾られていたのには少し驚きました。



そしてこれは有名人の写真をコレクションしたもの。
ではなくて、実は社員さんの顔写真だそうです。
こういう発想がとても参考になります。



そして加工場に移動。
まずは裁断ですが、やはりテーブルカット。
革をテーブルの上に載せて伸ばしながら裁断する方法です。
ここが日本とは大きく違うのですが、ほとんど捨てるところがないくらい丁寧に伸ばしながら裁断しています。



そして縫製現場。
やはりとてもきれいに整理整頓されています。
広いと広いなりにスペースを使ってしまうものですが、ここは全くそうではないです。
生産のシーズンではないからかも?
まぁ、とにかく見習いたいです。



そして手袋の仕上げ。
これは万国共通ですね。




本当に色々と学ぶべきことが多い工場見学でした。

続く。
| 活動 | | 21:26 | comments(0) |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
記事を選ぶ
カテゴリーを選ぶ
アーカイブ
LINKS
PROFILE