<< GW商戦にむけて | main | 国際文具・紙製品展ISOT出展 >>
亡き師匠への想い
前職の会社の社長が先月永眠されました。

前職の社長は東京でアパレルメーカーの社長を務める傍ら、アートポスターのコレクションや不動産、飲食店経営などの商才に長けた方で、アパレル業界の発展やファッション業界に就職を夢見る若い人への教育にも尽力されました。

そんな前職の社長との出会いは私が大学4年生の時の面接です。
何を聞かれたのかはよく覚えていないのですが、面接後の結果連絡で社長自ら電話に出ていただき、「君と一緒に仕事がしたい」と言っていただいたことに大きく心を動かされたことはよく覚えています。
特に何か特別に優れたところがあったわけではないと思いますが、それが決め手で入社したことは言うまでもありません。

私が入社する時にたまたま欠員が出たということもあり、1年間社長室勤務となりました。
入社したての若造に、常に社長と行動を共にし、秘書のような役割を担わせるというのは相当勇気がいることだったと思います。
ほぼペーパードライバーだったのですが、デカいベンツを運転させるというのも勇気がいったのではないかと。
おかげでドア1枚破損し、前方のキズの半分くらいは私の運転だったような気がします。

そんな車の運転にも増して嫌なことは、車内で怒鳴られること。
逃げることもできない密室で毎日のように罵声が飛び、心が折れそうになったことも多々ありました。
後部座席から手が飛んでくるんじゃないかという勢いでしたので、社長が海外出張で長期間不在というのが何よりうれしいことでした(笑)。
もちろんお供させていただいた出張もありますが、そこでも怒鳴られていたというのは言うまでもありません・・・。

ただ、普通の社会人では経験できないこともたくさん経験しました。
数々の年代物のアートポスターに触れる機会、高級レストランでの会食、著名人との交流、取引業者様との真剣な交渉など見るもの全てが非日常でした。
同時に超多忙な経営者の動きがよく分かった1年間でした。

そんな経験や教えが今の私の社会人として、また経営に携わる者としての思考のベースになっています。
気が付くと「今俺が言った言葉はあのとき社長に言われた言葉だ」なんて思うこともしばしばです。
現職でファッション関連の仕事が増えているのも、こうした経験が無かったらありえなかったかもしれません。

先月東京に行く1週間前に、前職の先輩から「社長はもう長くないかもしれない」という連絡をいただきました。
その時にもすぐに会ってお礼を言いたいと思いましたが、どうしても都合がつかず1週間後の出張のタイミングで会いに行くことにしました。
そうすると少し元気を取り戻してくれたみたいで、何とか命がある時にお会いでき、お礼を伝えることができました。
しゃべることもできない状態でしたが、話しかけると必死になって応えようとする姿が感じ取られ、お見舞いに行ったはずの私が逆に元気をもらった感じになりました。
さすが師匠です。

しかし、その翌日に訃報が。
まるで自分が行くことを待っていてくれたかのような知らせでした。
何か大きなものを託されたような気がします。

亡き師匠のご冥福をお祈りすると共に、私の心の中で生き続ける師匠の教えを実践し、それが社会貢献につながり、そして私自身もさらに成長することで、少しでも恩返ししたいと思っています。



| - | | 22:41 | comments(0) |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
記事を選ぶ
カテゴリーを選ぶ
アーカイブ
LINKS
PROFILE